池ヶ原湿原

池ヶ原湿原

一面のミズバショウが眩しい。

池ヶ原湿原は、奥飛騨数河流葉県立公園内にある低層湿原です。
標高960-980mの準平原(ニコイ高原)の中央部にあり、岐阜県の天然記念物に指定されています。

春、約6haの湿原に雪解けを待っていたかのように、30-40万株ものミズバショウが一斉に咲き始めます。
黄色の花をつけるリュウキンカと織りなす風景は壮観です。例年、4月下旬から5月上旬が見頃。木道が湿原のほぼ中央に整備されており、一面のミズバショウの中を散策することができます。
夏も湿原に吹き渡る風がさわやかです。秋の湿原の草紅葉やシラカンバの紅葉も美しいです。

岐阜の宝もの

岐阜県が全国に誇るふるさとのじまんとなるものを「岐阜の宝もの」として認定しています。2011年10月に「天生県立自然公園と三湿原回廊」は「岐阜の宝もの」に認定されました。

ツアー情報

こちらのエリアでのイベント、ツアーは現在開催されておりません。

北飛騨地方で開催されるイベント・ツアーの情報は、こちらをご覧ください。

季節の見どころ

ウォーキングマップ

ウォーキングマップ

コース所要時間

ウォーキングポイント

コース所要時間

駐車場からシラカンバの林を抜けると木道があり、ミズバショウとザゼンソウが現れます。
この付近は湿原の水が集まり小川をつくり、岩魚が人を恐れることなく悠々と泳いでいます。
そして、木道を進むと広大な湿原が見えてきます。ミズバショウとリュウキンカの花園の広がりに圧倒されます。

コース所要時間

ミズバショウの花は?

guide

ミズバショウの花びらと思われる白い頭巾のような部分は、実は花ではなくて「仏炎苞(ぶつえんほう)」と言われるもの。仏様の後ろのある「光背(こうはい)」に似ていることから名付けられたといわれています。『苞』は葉が変化したもので、花に近い葉というような意味です。本当の花は、『苞』の中心にある淡黄色の細かなもので、たくさんの花の集団です。虫眼鏡などで見ると、一つひとつの花に、花びら4枚、雄しべ4本、雌しべ1本があることが分かります。

必要な体力の目安

コース/目的地 所要時間(往復) 体力度
池ヶ原湿原 1h ★☆☆☆☆☆☆

※ 50〜60代女性の標準的な体力を想定した目安です。

アクセス方法

大きな地図で見る

  • ポイントA飛騨古川駅
  • ポイントB池ヶ原湿原
  1. 国道360号宮川町打保地区 JR高山線打保駅から北へ1.6km地点を右折。
  2. 平成橋を渡り、宮川町塩屋地区に入る。
  3. 森林基幹林道 洞~数河線を道なりに登ります。
  4. 平成橋から車で11km(約20分)です。駐車場入り口に案内標柱あり。
  • 池ヶ原湿原までの林道は中型バス程度なら通行可能です。冬期通行止めあり。
  • 林道には落石があるためパンク等、通行にはくれぐれもご注意ください。
名称 池ヶ原湿原
所在地 池ヶ原湿原駐車場(飛騨市宮川町洞)
パーキング情報 あり
公共交通機関 -
施設設備 駐車場にトイレ(利用不可能な時期あり 要確認)
問い合わせ先
NPO法人 飛騨市・白川郷自然案内人協会
TEL/FAX: 0577-65-2211(電話は平日のみ)
E-mail: sizenannai@hida-catv.jp
一般社団法人 飛騨市観光協会
TEL: 0577-74-1192 / FAX: 0577-73-0099
E-mail: info@hida-tourism.com
飛騨市役所観光課
TEL: 0577-73-2111(代) / FAX: 0577-73-6866
E-mail: syokokanko@city.hida.gifu.jp

周辺のお宿

池ケ原湿原をゆったりと満喫するには、周辺のお宿にお泊りすることをおススメいたします。
バナーから旅館・ホテルの情報ページをご紹介しております。
お宿探しにご活用下さい。

お宿の情報

森林環境整備推進協力金について

池ケ原湿原の貴重な自然環境を保護保全し、 未来に伝えていくため、入山される皆様のご理解の下、森林環境整備推進協力金をお願いしています。
皆様からいただきました協力金は、自然公園内の環境保全対策や美化清掃等のため大切に使用させていただきます。